自家製ジンジャエール

マグロの休日。

お昼は冷蔵庫に残っていたナスでパスタ。
画像


そして、自家製のジンジャエールを作ってみました。
画像


生姜には昔から風邪を予防する効果や身体を温める効果など、
色々な効能があると言われ料理や保存食として使われてきました。
身体を温めてくれる効果などは、新陳代謝を活発にもしてくれるため、
ダイエットにも効果的。殺菌作用や食欲増進の効果もあります。
風邪の予防などにも効果的です。

ジンジャ-シロップの作り方

材料
・ショウガ      200g
・砂糖        200g(お好みでハチミツでもOK)
・水          200g
・シナモンスティック 1~2本
・クローブの実    10コ
・ローリエ      1枚
・鷹の爪       1本
・レモン汁      50~100cc(ポッカレモンでOK)


作り方(超簡単です)

①ショウガをすりおろします。

②鍋に、すりおろした生姜と同量の砂糖、水を入れます。
 さらにシナモンスティック、クローブ、ローリエ、鷹の爪を加え、中火で加熱します。沸騰したら弱火に。
 
画像


③10分ほど煮たら、レモン汁を投入。

④さらに1分煮たら火をとめ、冷まします。

⑤冷めたら、鍋の中のものをリードキッチンペーパーで濾します。
  あめ色の液体が、ジンジャーエールのシロップ。
 
画像


煮ないでつける方法もあるようですが、
煮た方が保存がきくと思います。

炭酸水で4~5倍に薄めれば、極上ジンジャーエールのできあがり!
画像




衝撃的にうまい!
ウィルキンソンの辛口ジンジャーエールに負けないすっきりなジンジャエールです。

しかも飲んでしばらくすると体ぽかぽかです。

冬はホットでもイケます。
お酒で割ってもOKだと思います。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

マンボウ
2011年09月06日 21:33
ショウガ衝撃的に旨いんだ

ジンジャーエールも
寿司のガリも非常に好きです。
体を温める効果があることは知ってたけれど
食欲増進効果も?う~ん…

今マンボウがはまっているのは
自分で漬けた新生姜の甘酢漬けです

安上がりで作り置きできて簡単でした
チョウチンアンコウ
2011年09月07日 00:11
煮だしている鍋の中は 何じゃこりゃ?という感じですが出来上がった物はおいしいのですね。カナダドライのジンジャーエールの中にはしょうがは入っていない。ウィルキンソンの中にもきっと入っていない。本物のしょうがを使ったジンジャーエールをお店で飲んだことがあって珍しい物ですよと言われたけれどとてもおいしかったなぁ。
マンボウ
2011年09月07日 09:11
古き良き時代のアメリカ小説では
自家製のジンジャーエールとレモネードが
しばしば登場します。
丁寧に手間暇かけて生活していた人の
物語を読むのが好きです。
時代小説の登場人物のようだ…マグロさん。

それにしても鷹の爪が入るとは
衝撃的な驚きです

この記事へのトラックバック