テーマ:読書

下町ロケット 池井戸潤

今日は春の嵐。 午前は晴れていたのに、 昼過ぎから雲行き怪しく、今外は台風並みの雨と風… 読書Timeと決め込みマンボウさん経由でやっと回ってきた直木賞受賞作「下町ロケット」 「その特許がなければロケットは飛ばない―。」 町工場が取得した最先端特許をめぐる、 中小企業と大企業の熱き戦いを描いた新時代の社会派小説。 まんまと泣かさ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

あんぽん

先週読み終えて今日返却した「あんぽん」 ソフトバンク会長孫正義氏について書かれた本です。 いままで自伝的小説はきれいなサクセスストーリー的なものが多かったが これは結構リアルにルーツを暴露っています。 本当に差別と貧困のどん底からはい上がっていった孫一族のルーツを書いています。 ものすごく読み応えありました。 そして今日借りてきた本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漁港の肉子ちゃん

図書館で予約した本が3冊いっぺんに回ってきました。そのうちの一冊を読み終えました。 『漁港の肉子ちゃん』 西加奈子著漁港にある焼肉店に勤める“肉子ちゃん”とその娘喜久子ちゃんの日常とそれを取り巻く町の人びとの様子を綴りながら物語が広がっていきます。 肉弾肉子ちゃんのキャラは超強烈、底抜けに明るく無神経なほど前向き。 一方、喜久…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

麒麟の翼

東野圭吾「麒麟の翼」を昨夜一気読みしました。 一気読みさせる東野さんの展開はさすがって感じです。 殺人事件ですが、最後は生きる希望と、 人と人の絆や親子の愛情が感じられほろりとさせてくれます。 そして、人形町や日本橋という土地と人、加賀恭一郎の魅力も満載でした。 最近の小説の傾向なんでしょうが、 明らかに映像…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

大阪がもし日本から独立したら

図書館で借りました。 国家が独立するのは意外に簡単らしいです。 特にしたたかな府民性を持った大阪では・・・。 201X年4月、大阪は国連の承認を受けて日本から独立、連邦国家に! 政治も経済も行きづまった日本に見切りをつけて、 人口880万人の大阪は江戸時代の商都のような独立採算性の道を選んだのだ。 参考国は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コロボックル

昨日の新聞にこんな記事を見つけました。 佐藤さとる作「コロボックル物語」 なんて懐かしいんでしょう。 小学生のころ、図書室で借りて夢中になって読みました。 誰も知らない小さな小人たちの話。 まさに私しか知らない世界だという気分に浸りながら、読みふけった記憶があります。 きっとあの頃の小学生はだれもが大好きだった本…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

マグロ学

明日で震災4ヶ月。 今朝また結構揺れました。 震源は三陸沖。 ドキッとします 図書館の新刊書のコーナーにこんな本が… 「マグロ学」 即手に取り借りてしまいました(笑) サブタイトル見てください!!!    ~一生泳ぎ続ける理由とそれを可能にする体の仕組み~ スタンフォード大…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

スピードUP

マグロこのところ疲れて 活字を見るとすぐに眠ってしまう… 今日返却日の本を今夜読み切るため blogはこれにてごめん                          有川浩「県庁おもてなし課」 ちなみに先週は「ストーリー・セラー」読みました。
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

読書週間…

先週やっと図書館68人待ちの湊かなえ「夜行観覧車」が回ってきて 読み終えました。 父親が被害者で母親が加害者--。高級住宅地に住むエリート一家で起きたセンセーショナルな事件。遺されたこどもたちは、どのように生きていくのか。その家族と向かいに住む家族の視点から、事件の動機と真相が明らかになる。 話題作「告白」もそうだったけど…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

闇夜…

計画停電第2グループ。 本日は夜の部決行でした。 幸い6:30~7:50までで点灯 早く済みました。 ランタンの明かりの中マグロは ラジオ聴きながら手はぐるぐる充電。 山田町情報 つらい情報です。 報道量増えひと安心していましたが 今日ニュースで町の8割が行方不明となっていることがやっと判…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

マグロ的読書…

今日も計画停電実施されました。 第2グループ12:30~15:30 昼の停電は心構えができていれば特に困ることもなく、 午前に洗濯、掃除、炊事を終えスタンバイ。 停電スタートしてからは 窓辺で読書Time。 本読んでるだけじゃもったいないと 書見台に本を立てかけ、手には…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

哲学に挑戦!

ハーバード大学政治哲学のマイケル・サンデル教授の著書が 話題になっています。 哲学なんてムリって思っていましたが、 とってもわかりやすいお話なので、興味を持ちました。 がんばって読みます! このサンデル教授が 私の大好きなジャイアンツの開幕戦始球式をつとめます。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more